記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

松の木の歪み

曲がりくねった松の木を見ると、この木は腰痛にならないのか、と思う。まあ、松ノ木の悲鳴を聞いたことがないので、痛くはないのだろう。それどころか、その立ち姿には威厳や美しさを感じることがあるくらいだ。そもそも命あるもので真っ直ぐな造形物など殆どない。みなある程度の歪み、ゆらぎを生じながらバランスを取り、成り立っている。とするなら、真っ直ぐに矯正することが良いことか、必ずそうとは限らないのではないか。曲...

続きを読む

整骨道に生きる 熊坂護のホームページより

痛みの真相は外傷医学を除き、このしびれ違和感、痛みは全てと云っていいくらい関節のわずかなズレによって起こるということです。これが世界中の医学者、治療家がこれをはっきりしないものですから、迷っていることもわからないのです。世界中広しと云えどもこの関節医学をもっている国は、我が国日本のみであります。たった一人の師が伝え、代々伝授され消えず、広まらず本当に残っております。この一大事因縁を知り、体得し、こ...

続きを読む

ムンクの叫び

ムンクの叫び、整骨道の叫びムンクの叫びが世界中に脚光を浴びています。どうしようもない世の中、そして各自のあり方、不安感から言えば暗黒の無傷医学に対しての整骨道の叫びも同じ想いであります。無傷医学のでたらめさ、患者を手当せず、電気湿布のみのこの素人療法にも劣る事が何十年も続いてきたのです。すべての関節の痛みは関節のわずかなズレ(亜脱臼)である!とムンク以上に叫び続けてきましたが、この島国では一切通用...

続きを読む

ゆらし系整体のルーツ

※一般に流布されているルーツは大まかに下記の通りです。岡山県に森原貞雄先生というかつて若い頃に均整の亀井進先生をはじめ同じく均整の黒川瀞雄先生をも指導された柔道整復師の先生がおられたそうです。黒川瀞雄先生をして名人と言わしめたお方で、そのすごい名人が創始された手技療法がルーツとなっているそうです。京都で講習会を始めたことから別名「京都手技研」とも呼ばれその後、しんそう療法、理学整体、その他多くの支...

続きを読む

ゆらし系の整体技法のこと

初心者でも短期間で習得できる上に安全に施術を行えるのは、ゆらし系の手技療法をおいて他にないのではないでしょうか。もともと「ゆらし技法」「静圧技法」は柔道整復師が整復前に筋肉を緩めるための技法として使っていました。それをひとつの体系にまとめたものが、「ゆらし系整体」です。この手法の良い点として、基幹の型と言う「型」をそのまま施術すれば、全身のおおまかな調整ができてしまうこと。誰でも比較的安全にそして...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。