FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

気を通す治療へ2

続きです課題は気を感覚としてとらえることです。視覚、聴覚、触覚、なんでもよい。気や経絡の状態を実感としてとらえることはできないだろうか?それには会津古伝整体の技法「見の技術」を修得する必要がありました。そんな頃に出合ったのが有川貞清先生です。外科医ですが望診で気滞の位置をとらえて診察をするという、変わった診察方法をとっている先生でした。そこではじめて視覚に頼らない「望診」というものを習いました。(...

続きを読む

気を通す治療へ

続きです熊坂先生は古い流派の骨接ぎの先生です。私ならお手上げ、いうような骨折、脱臼から体の歪みまでなんでもこいの先生です。さぞ荒っぽい施術(私の古流整復法に対するイメージでした)だろうと思っていたのですが、施術を受けた感じは予想に反して非常にソフトでした。そして、施術を受けた翌日になって気がついたのですが長年の股間節の痛みがないことに気がついたのです。股間節というより、正確には内転筋の肉離れの後遺...

続きを読む

施術の流れ

当塾の技法は保険診療の+αとして局所にのみ使おうとするには正直、向いていないかもしれません。それは基本的に全身の調和(経絡も含めて)を考えながら施術していくからです。もちろん、どのように自身の施術に取り入れるかは自由ですのでそれぞれで工夫しながら使っていただければと思います。ですが、以下私が理想としている施術の流れを説明させていただきます。1まずは診察診断ここが最も重要です。まず整体の適応か否かを...

続きを読む

ゆらし系の整体技法のこと

初心者でも短期間で習得できる上に安全に施術を行えるのは、ゆらし系の手技療法をおいて他にないのではないでしょうか。もともと「ゆらし技法」「静圧技法」は柔道整復師が整復前に筋肉を緩めるための技法として使っていました。それをひとつの体系にまとめたものが、「ゆらし系整体」です。この手法の良い点として、基幹の型と言う「型」をそのまま施術すれば、全身のおおまかな調整ができてしまうこと。誰でも比較的安全にそして...

続きを読む

スラストという技法について

カイロ特有の手技スラストについて。厚生労働省のHPでは頸椎へのスラストは危険が大きすぎるという事で、すべての施術において禁止事項となった。いわゆる、ポキポキという音がする施術のことだが、さてこの「スラスト」なる施術方法は有効なのだろうか。現在では骨のゆがみには効果はないけど苦痛には一時的には効果ある、というのが一般のカイロプラクターの見解となっているらしい。(ポキポキ音の正体について)関節を急速に動...

続きを読む

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。