FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

古流整体「巧の技」

「関節の亜脱臼を整復する」、これが本来の整体技法の真髄です。 通常の怪我なら3か月もあれば自然回復しますが、それ以上の期間を経過しても痛みが取れないのは、怪我の衝撃、もしくはなんらかの原因で亜脱臼が起こっているからです。 ところが、亜脱臼というのはレントゲン検査でもMRIでもわからない。 整体師の熟練の手で察知するしかないのです。 そして、その亜脱臼を整復し痛みを取る、それこそが本来の整体師の役割なのです...

続きを読む

古流整体術の役割

整体師とはその名のとおり、整体・整復を業とする。 だが、いつの間にかただの揉み屋になってはいないでしょうか? 生活費のため?生き残るため?お客様の言われる通りに凝っているところを揉んでいるだけ、ただひたすらマッサージをするだけの、名前だけの整体師になってはいないだろうか? もちろん例外もあり、立派に整体業務をこなされている先生がたもいらっしゃいますが、もう整体師に本来の業務は無いと嘆く先生方が多いの...

続きを読む

すでに整骨院の業務は存在しないという現実

ご承知のとおり、柔道整復師の業務は脱臼、捻挫、打撲などの外傷に限られます。その業務は40~50年前当時、整形外科がほとんどなかった頃には整骨院の業務でした。若いかたはご存じないでしょうが、昔の整骨院はレントゲン検査もできたんです。完全に整形外科の領域ですよね!いまはその業務は整形外科医に完全に奪われています。つまり、もう30年も前から整骨院の存在意義は薄れていく一方だったのです。ですが、いまも、それから...

続きを読む

柔道整復師が生き残るために1

昨今の柔整師を取り巻く環境は悪化の一途をたどっております。将来的には柔整師の保険取り扱いはほぼ、無くなるだろうと言われています。まさか、と思われるかもしれませんが、現実問題として予算がないのです。ある方(名前は言えませんが)が「絶対」という言葉を使って言われていました。普通は絶対などとは言えないものです。それをあえて使われたのです。日本経済は近い将来、絶対に改革を迫られる。でもそれは当然のことで、...

続きを読む

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。