FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼灸と整体

かつて、ある経絡治療の学術団体を代表する経絡治療家が往診を頼まれた。

手が痛くて動かないから何とかして欲しいという依頼だった。

診察後、その経絡治療家はおもむろに、患者の前腕を握り静圧を加えた。

パキッという整復音ののち痛みが激減し、さらに経絡治療を施し、患者の苦痛を回復した。

経絡治療家といえども経絡の変動がなければ、まず最も有効な手段をもちいて患者の苦痛を取るべきである。

「私は経絡治療家だから揉まない(マッサージしない)」と言い切る鍼灸師の方がいらっしゃるがバカじゃないかと思うし、そもそもマッサージ師の方に失礼である。

あくまで経絡治療にこだわるのは勝手だが、苦痛を耐えるのは患者である。へんなこだわりのために、患者の苦痛を長引かせてはならない。

すべての病変が経絡変動を伴うわけではない。

経絡の変動のない症例も少なからずあるのだ。

従って、まず鍼灸(経絡)治療の適応か否かの判別が必要となる。

鍼灸(経絡)経絡治療の適応でない場合、その症状に適切な処置を判断しなければならない。

その対処法の1つとして整体技法は重要な選択肢であり、優れた武器となる。

鍼灸で固まった筋肉・軟部組織を緩めても、あとひと押し足りないことがある。
それは関節の歪み(亜脱臼)調整。

紙一重の差で効果がまるで違うことがあるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。