FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要な技術「診断」

それは診断技術です(厳密に言うと医師以外は「診断」という用語は使えません)。

どうなっているのかさえわかれば、その調整(治療)方法はどんな手技をもちいても構いません。

例えば、足関節のズレの方向さえ明確なら、ゆらしながら少しずつ元にもどしてもよし、整復法で押し込んでも良し、経絡治療で自動修正させてもよし、なのです。

同じ人の体において、治則にそう差はありません。つまりアプローチの方法はなんであれ、結局は同じことをしているのです。

要は、原因はなにか?どうなっているのか?それをどう調整すれば元にもどるのか?これが明確ならばあとは自由です。

逆にそれを明確にできないと、永遠に技法・ノウハウコレクターを続けることになります。

その答えの一つとして、当塾では気滞の診断技術を提案しております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。