FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六十九難のこと

経絡治療を習いはじめのころは、ほとんどの症例を六十九難に当てはめて施術をしていた。

虚している経絡を補い、その親経を補う。

でもそのパターンて、そんなに多いのだろうか。

切経で反応のある経穴を拾っていくと思っていたより変動経絡と親経絡の組み合わせの出現頻度が少ない。

陰経より陽経を先に処置したくなる症例もあり、また陰経も補うにしても単一で十分だったり、相剋経絡だったりと様々なパターンがでてくる。

片方の経を補い、反対側の経絡を寫すパターンすらある。

教科書(古典)のとおりに六十九難の証に当てはまるパターンは意外に少ないのではないか。

もちろん検証を重ねていかないと確かなことは言えないが、感覚的には全症例の2割程度かと感じている。

経絡治療(鍼灸)の適応は鍼灸院に来院する患者のうち、何割くらいか?

みなさんは考えたことがあるだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。