FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平凡な治療家

治療はシステム化、パターン化した時点で死んでいる治療(機械的な)となってしまいます。

優れた施術家の弟子にはなぜか優秀ではあるが、施術の技量は受け継ぐ事ができなかったという事例が多々あります。
なぜか?

優秀すぎるがゆえに師の施術方法を分析し、分類しさらに診断・治療の方式をシステム化してしまうからです。

システム化された治療法。それは初学者にとっては非常に理解しやすいものです。

指標があり、修得の段階がわかるからです。

が、しかし・・・
その反面、システム化された治療は治療自体を盲目的にしてしまいます。

人体は生きていると言うのに、自然というものは非常に自由度の高いもののはずなのに、その治療体系のシステム・パターンからはずれたものは治療できない、またそれを疑問視する事もできない。

そんな治療家ができあがります。

いまのあなたは、どちらの治療家ですか?

本来、体にとっては自然な状態が最も良いといわれているが、では自然な状態とはなにか?

「始原」とは物事の始まりの状態、もっとも原初の状態、そして生まれる瞬間の状態のことを言いいます。

生まれてしまえば「カタチ」すなわち形体をもち絶対自然の状態から離れていく。その直前の氣(自然の理)と形体(肉体)が混然一体となっている時が始原の時です。

不自然な病の状態を形体(カタチ)を持ったまま原初の状態、自然の理に近づけていくことを理想としております。

会津古伝整体という日本古来の整体術は単純に外形だけを整える整体ではなく、見た目にはわからない内形(鍼灸学では経絡ともよばれる)を整える整体、それが当ブログのめざす真の整体技法です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。