FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体と整骨

整体と言う言葉は大正、昭和にはいってから出来た言葉であろうと思う。

しかし似たような言葉は江戸期からある。

S.パリッシュ氏の著書の中に述べられている例では江戸期「楊心流柔術」の中に整胎、整骨という記載がある。

整胎は整体のことであるが、整骨を明確に区別されているところに注目したい。

整骨は骨折、脱臼、亜脱臼などの整復処置を指す。つまり整体と整復は違うということである。

当塾でも整体、整復は区別している。

では、整体とはなにかと言われれば、関節や筋肉の位置関係は生理的に正常な状態だが、動作不良を起こしている状態を改善する方法、と言える。

その原因としては血流障害、脳神経システムの誤作動、そして経絡の異常である。

だからマッサージのような手技や、経絡調整の技法も整体の施術の中に含めるのである。

カイロの「ほぐし」という技法はただのマッサージじゃないか!と批判的に見る方もおられるようだが、これは立派な整体技法なのである。

初期のオステオパシーは柔術系の整復法の影響を受けている歴史があり、また整体はカイロの影響を受けている。

つまり、世界の整体技術は互いに影響しあっているのであるから、各流派の技法を明確に区別することは難しいのではないだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。