FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆらし系の整体技法のこと

初心者でも短期間で習得できる上に安全に施術を行えるのは、ゆらし系の手技療法をおいて他にないのではないでしょうか。

もともと「ゆらし技法」「静圧技法」は柔道整復師が整復前に筋肉を緩めるための技法として使っていました。
それをひとつの体系にまとめたものが、「ゆらし系整体」です。

この手法の良い点として、基幹の型と言う「型」をそのまま施術すれば、全身のおおまかな調整ができてしまうこと。誰でも比較的安全にそして、最大限の効果を出せることです。
                 
さらにもう一つ、この基幹の型で大方のゆがみをとり、経絡の変動をおおまかに調整したあと残った症状を応用技や整復法によってアプローチすると言う2段構えになっていることです。

近年、柔道整復師には本来の業務である骨折、脱臼の整復の仕事をほとんど整形外科にとられ、本来の活躍ができないと嘆かれています。

しかし、整形外科においては軟部組織の異常緊張や誤作動、および微小な関節のズレ(亜脱臼)は、その忙しさからか治療の対象外です。

それらの調整は古流整復の技術をもって行うしかありません。

本来の柔整師の整復技術は骨折や完全脱臼の整復だけではないのです。

整復前の筋肉を緩める技法や亜脱臼を整復する技法は現代においても整形外科医院などでは対応してくれない特殊な整復術です
 
つまり、それらの整復技術はいまでも整体師、柔整師にしかできない特殊技能なのです。

また、関節の微小なズレはレ線像には映らず、異常とは判断されません。

しかし多くの捻挫は微小なズレ(亜脱臼)をともない、整復せずに痛みだけ回復させてしまうと再発をおこしやすく、癖になりやすいものです。

整形外科では放置されたままとなるこの微小なズレを整復するのは整体師、柔整師の業務でありましょう。

筋肉が緊張しすぎて脱臼整復が困難な場合、いまは麻酔で筋肉を弛緩させてしまうため、徒手技法で筋肉を緩める技術は整形外科医師にはありません。

しかし古くからの柔整師は麻酔など使えなかったために整復の前に異常緊張した筋肉を緩める技術体系を持っていたのです。

筋肉の異常緊張をとるのは脱臼整復前だけではないのです。

ほとんどの外傷では治癒後も異常緊張が残るため痛みも残り、慢性疼痛に移行しやすいのですが、その慢性疼痛を回復させるためにこそ柔整師の伝統技法を使うべきではないでしょうか。

そのための技法が当塾の「会津古伝整体」です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。