FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技が効かないと嘆く前に

当塾では私が実践し効果のある技法のみ厳選してお伝えしております。

ですから技法自体には問題ありません。

しかし、実際やってみたものの効果がでない、逆に悪化したなどの事例にぶつかることがあるかもしれません。

実は、私も習い始めの頃に良くするどころか、逆に悪化させてしまったことが度々ありました。

しかし、当時は理由が分かりませんでしたが、のちのちになってみると悪化したのはそれなりに理由がありました。技の適応、診断ミス、ドーゼ過多、その逆。やはりなんらかの原因があるものです。

技が効かないと嘆くよりも技の習熟、的確な判断(診断力)をめざしてください。

私の経験上、もっとも多いミスはドーゼ(刺激量)の問題でした。

しっかり矯正しようとしすぎて、限度を超えた矯正力をかけた結果、逆に体には負担になってしまったのです。

簡単に言うと、無理に真っ直ぐにしようとしてはいけないということです。

治癒までにかかる時間は患っていた時間に比例します。歪み固まっている体を無理に伸ばそうとすると逆に負担になるということです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。