FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施術の流れ

当塾の技法は保険診療の+αとして局所にのみ使おうとするには正直、向いていないかもしれません。それは基本的に全身の調和(経絡も含めて)を考えながら施術していくからです。

もちろん、どのように自身の施術に取り入れるかは自由ですのでそれぞれで工夫しながら使っていただければと思います。
ですが、以下私が理想としている施術の流れを説明させていただきます。

1まずは診察診断
ここが最も重要です。まず整体の適応か否かを判別します。適応ではない場合は速やかに専門機関を紹介します。

会津古伝整体は応用範囲の広い技法ですが、万能の医療技術ではありません。適応では無いと判断した場合は他の医療機関を紹介するのが患者の為であり、術者の為でもあります。

適応と判断した場合、施術に入りますがさらにどの技法体系をメインにするかを考えます。

2古式マッサージについて
体液、血液の鬱滯が主ならマッサージ主体となります。揉むという技法が重要となる場合もあります。疲労回復や予防ならこれをメインにしても良いかと思います。

ごく初期の軽い歪みや、軽度の経絡・経筋の変動ならマッサージだけでも矯正可能ですが、あまりおすすめできません。なぜなら、整体、整復もしくは経絡治療を用いたほうが、効率よく回復させることができるからです。

もっとも患者によっては鍼灸は苦手、整体は怖いなどと言うかたもおられますから、患者さんと相談しながらもっとも効率良い施術をオーダーメイドで組み立てていくことが必要かと思います。

3ゆらし整体について
筋肉の誤作動が主ならゆらし整体がメインになります。ここで注意しなければならないことはついサービスのつもりで強圧(押す、揉む)をかけると患者に痛みのある部位を再認識させることになり、さらに筋肉の誤作動を固定させる結果になりやすい。

その理由は、本来なら患者の脳に筋肉の動作不良であることを認識させ、自己修正させなければならないところ、強い刺激を与えると、その刺激に誤魔化され、いつまでたっても修正できない結果になりやすいということであります。

ゆらし系の整体師の方々が按摩マッサージを嫌う傾向にあるのはそのためです。

4古式整復法
亜脱臼がある場合に用います。ただし矯正部位に関係する筋肉群を緩めておくことが矯正成功の前提条件ですから、いきなり整復にはいっても失敗する可能性のほうが高いです。したがって整復術を単体で使用することはあまりありません。

筋肉を緩める方法は古式マッサージが本来のやり方ですが、ゆらし整体、鍼灸、各種電気治療機器などを利用してもかまいません。

5気滯・経絡変動の修正
治りにくい筋肉の誤作動や原因がはっきりわからない痛みなどは経絡の変動がメインとなっている場合が多く見られます。

経絡治療の適応かどうかは経絡の変動の有無で決めますが、変動の有無は気滯の有る無しで決めることが多いです。

古式マッサージ、ゆらし整体、整復法と併用していただいてもかまいませんが、効果を相殺しないために他の施術は控え、経絡の調整後に整体による矯正をしていくという施術の流れをとることが多いです。

6まとめ
痛みの原因によって技法を使い分けますが、それぞれを組み合わせることもありまた、亜脱臼の整復が終了したあと、経絡の変動が見つかった場合は経絡修正の施術をすることもあり、その後発生する筋肉の誤作動についてゆらし整体をもちいることもあります。

患者の経過にしたがって毎回事に違う施術をすることもあります。

世の中にはさまざまな治療法がありますが当塾では王道を歩みたいと思っております。

1つの原因に対してその施術内容、基本方針は各治療術間においてそう大きく違わないはずです。

目の前の痛みに対して、どのような方針でどのような施術を用いるか、深く深く考えてみてください。あなたなりの答えがきっと見つかります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。