FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治るとは?

どうやったら治せるんだろう?
そんな視点から、治療技術についての一提案をさせていただきたいと思います。

私は、鍼灸師、柔道整復師として開業させていただいております。現在は「経絡の調整」
「気滞の解消」をテーマに勉強を続けております。

簡単に経緯を申し上げます。
明治鍼灸大学を卒業後、現代医学の物理的な治療法に興味を持てなかった私は、東洋医学的な思想や治療技術に魅力を感じ、まず中医学を学びました。

東洋思想の基礎から教わり、たいへん興味を持つ事はできたのですが、実際の治療技法に関しては中医学の迷路(※)に入り込んでしまい挫折。

※中医学の迷路について
東洋医学というのは陰陽五行論という仮説のうえに成り立っている医療です。

根幹をなす理論がすべて仮説(たとえ話の域をでない)というところが問題です。
たとえば、ペンをもって手を離すとペンは床に落ちます。

ペンが落ちる、これは事実ですがこれをいろいろな表現方法をもちいて説明できます。
ペンが落ちる、ペンが床に向かう。床とペンがくっつく、など。

すべて同じ事実を表現しているのですが引力、重力の理論がみつかっていないからそれをいろいろな言い方(仮設)で説明しています。
そして、そのたとえ話や仮説をさらに組み合わせて複雑化してしまったのが東洋医学です。ひとつひとつは事実をいっているのでしょうが、その仮説を組み合わせて、さらに新しい仮説をつくりだしたら、もうなにが事実かわからなくなってしまいます。

これが東洋医学(中医学)迷路です。

その後、東洋はり医学会の経絡治療というシンプルな技術体系にひかれ、経絡の気の調整技術を学びました。

気が虚している経絡を補えば(気を通してやれば)病気は治る!という分かりやすい医学でした。

ですがここで長年の疑問が噴出します。

                                         つづく
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。