FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気とはなにか?経絡とはなにか?

前記事からの続きです


気がいたる(気が補えたら)のを度として抜鍼しろと言うが、気が満ちてくるとう感覚がさっぱり分からない。

そもそも適応側(治療ポイント)の選定ができない。原則に従うか、カンに頼るしかない(だって、気がわからないから)。そんな疑問を抱えたまま、鍼灸から一時離れてしまいます。

柔道整復やマッサージ、整体の技法を学ぶ事にしたのです。

物理的に体を真っ直ぐ(骨格の矯正)にすれば治るだろう(施術を受けると、とっても気持ちいいし)。という単純な発想からでした。


ですが、すぐに壁に突き当たりました。
矯正しても治らない。それどころか悪化する人もいる。

それは技術がないから(へただから)?

診断が間違っているから?

ていうか、真っ直ぐな関節がいいのなら・・・全身人工関節にしちゃえばいいじゃん?

今思えばなんて乱暴な発想でしょうか(笑)

もちろん全身人工関節なんて実現しませんし、したとしても痛みからは開放されないでしょう。

生体においては、全身の複雑な構造が微妙な「ゆらぎ」をともないながら、それこそ微妙なバランスを保っているのです。

物理的に単純に真っ直ぐがいいわけではありません。

「PST療法」という整体の一流派も学んでみました。非常にソフトな整体です。
(注)PST療法、自然形体、リセット療法はまったく同じ療法です。

そこで得たことは、私の整体に対するイメージとは違うものでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。