FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体ってなんの役に立つのか?

整体ではなにが治るのか?とよく聞かれる。

整体なんか通ってないで、病院いったほうがいいよ、とアドバイスされる方もいる。

私はその意見に賛成だ。というと「えっ!?」と言われる。

まずは病院でおおきな故障がないかどうか、きっちり診断していただいたほうがよい。

そのうえで整体に通っていただきたい。

では整体ではなにを治すのか?

私は体のバランスとりだと思っている。

例えば、車でいえばエンジンの故障はディーラー店(人でいう病院)へ、シートポジションなどの微妙なバランス関係はチューン専門店へ(整体院)という感じ。

※いやエンジンだって、という方がいるかもしれませんが、あくまでたとえ話ですので・・・


「でもギックリ腰や捻挫が整体で1回で治ったという人がいるけど・・・」

まず、ギックリ腰も捻挫もこれは外傷です。切り傷と同じ。からだの内部でおきているから、外の皮膚にできた切り傷と認識が違うかもしれないが、同様の外傷なんです。

捻挫、ギックリ腰が1回で治るのなら、皮膚にできた切り傷も一瞬で治癒させられるはず。

その整体院に行って、擦り傷、切り傷を1回で治してみてもらえばいい。

「自然治癒力の限界を超える治癒はおこらない」からね。

その1回で治ったという捻挫やぎっくり腰は、本当の意味でのギックリ腰ではなかったのだと考えられる。

つまりは単なる凝り張りだったということ。

だが、単なる凝り張りでもバランスがおおきく崩れれば、ギックリ腰のような激痛を起こす。

じつはこういう痛みには病院は案外無力で、痛みへの対処療法しかない。

そこに整体院の存在価値があると思うのだが、どうだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。