FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整体院を経営するということ10

わざわざ分かりにくい場所で開業するのは愚かです。
宣伝1つとっても表通りなら看板1枚ですむのです。

また通院する人の身になってください。

やはり便利な場所にこしたことはありません。
家賃の高い低いで決めるのも愚かです。
高いには高いなりの理由が、安いには安いなりの理由があります。

通院の手軽さは集客力にダイレクトに現れます。

集客力が2倍も違えば、裏通りの家賃10万より、
表通りの家賃20万のテナントのほうがはるかに安いのです。

それから開業資金は120%くらい用意したほうがよいと思います。

120%とは自分でこれくらいは、と思っている2割増しということですが、
必要なテナント代、改装費、設備費、運転資金など自分で試算してみて
500万くらいと予想したなら600万は欲しいということです。

どうしてかというと、多くの人が予想外の出費があったと報告しているからです。

開業は船出と一緒です。
予想外のハプニングは必ずおこるものと思っていたほうがよいと考えます。

可能な限り余裕を持った資金計画、もしくは、
いざという時の資金の調達方法をあらかじめ考えておいたほうがよいでしょう。

また、開業をしてみて一番の誤算だった、
と多くの人が言うのが運転資金です。

最初の目算と違って以外なことに費用がかさんだり、
予定外の出費があったりします。

運転資金は最低半年分、これは最低限です。
これが用意できないのならもう一度、開業計画を練り直すべきです。


設備投資では以外と必要なものがわからない!?ものです。

開業時点では以外と必要な設備を見落としていたり、
逆に必要だと思っていたものが不要になったりするものです。

その中には迷い、また自己の技術の成長過程で新たな設備が必要になったり、
いらなくなったりする事も含まれます。

このことを考えても資金は十分に用意しておいたほうがよいでしょう。

あなたは常に成長し、変化しつづけているのです。

今は必要ないと思っていた知識や技術、器具(治療機械)が、後でどうしても必要に
なったりするかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。