FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道整復師が生き残るために1

昨今の柔整師を取り巻く環境は悪化の一途をたどっております。

将来的には柔整師の保険取り扱いはほぼ、無くなるだろうと言われています。



まさか、と思われるかもしれませんが、現実問題として予算がないのです。



ある方(名前は言えませんが)が「絶対」という言葉を使って言われていました。

普通は絶対などとは言えないものです。それをあえて使われたのです。



日本経済は近い将来、絶対に改革を迫られる。



でもそれは当然のことで、日本の歳出入を考えてみれば誰もが分かることだ、と。

これが企業や、一般家庭ならもう破産している、と。



いま、官僚の方々は実感をもって、歳出半減を考えておられるみたいです。

つまり支出を半分にするということです。

それに代わる案は、消費税25%の実現(それで赤字分の50兆円が賄える計算となります)。



どちらかを実施するのが将来の日本のために必須ということですが、

どちらもいまだ実行されてはいません。



なぜか。



国会で承認されないから。

なぜ承認されないかといえば、そんなことを言い出せば選挙で勝てないからです。



ですから、いずれ必要な措置であっても、国民の同意が得られるまでは実行できません。

そして、それまでにさらに厳しい締め付けが実行されていきます。



ですから、柔道整復師が保険に頼って生き残れる時代は完全に終わりを告げようとしているのです。

保険の取り扱いはさらに厳しさを増し、どの整骨院も生き残りをかけて自費診療への切り替えをはかっています。



その方法は、整体、鍼灸、美容などさまざまですが、

もはや本来の柔道整復師としての業務からは完全に離れてしまっています。



「生き残るためなんだからしかたないだろう」



と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

いまこそ整体師や柔道整復師は、その名のとおりに整復技法を施術するのです。



整復って脱臼のか?と言われれば、それは違いますと言えます。

では、なんの整復をするのか?



それは「亜脱臼」です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。