FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すでに整骨院の業務は存在しないという現実


ご承知のとおり、柔道整復師の業務は脱臼、捻挫、打撲などの外傷に限られます。



その業務は40~50年前当時、整形外科がほとんどなかった頃には整骨院の業務でした。

若いかたはご存じないでしょうが、昔の整骨院はレントゲン検査もできたんです。



完全に整形外科の領域ですよね!



いまはその業務は整形外科医に完全に奪われています。

つまり、もう30年も前から整骨院の存在意義は薄れていく一方だったのです。



ですが、いまも、それから今後もおそらく整形外科医が参入してこれないであろうと思われる柔道整復師、整体師の業務が一つだけ残されています。



それが亜脱臼の整復です。



ある程度の怪我や長年の加重労働で少なからず発生する亜脱臼ですが、

その整復だけは、整形外科医が参入しにくい分野なのです。



それはなぜか。



正常なら3か月で治癒するはず
関節の痛みの話を少しだけさせていただきます。



関節の痛み、筋肉の痛みは通常3か月程度で自然治癒し、痛み自体は無くなるのが通常です。



だから、どんな激しい痛み(例えば椎間板ヘルニア)でも、すぐ手術とはせず、3か月は様子をみましょうという医師が多いのです。



ただしそれは自然治癒力が正常に機能していた場合。



3か月を経過しても痛みがある場合、それは慢性疼痛と呼ばれ、通常の損傷とは違うなんらかの原因が続いているのです。



そして、その原因の多くは亜脱臼という微小な関節のズレによると言われています。

また、その亜脱臼も痛みのある場所だけでなく、別な関節にもあってそれが関連しているケースもあります(ここ重要です!)



ですから、痛みはその関節だけを診ていても良くならない、とくに慢性疼痛に移行している場合は。



そして、この慢性疼痛に関しては整形外科での治療は「痛み止めとシップ、そして理学療法」というお決まりのコースしか用意されていません。



それは保険点数の事情や、亜脱臼自体はレントゲンにもMRIにも写らないといういくつかの理由があります。

またその整復にはある程度時間を取られるといった理由もあります。



ですから、整形外科医はこの分野には参入せず、理療に任せているのです。



当塾では、亜脱臼整復という分野だけは整体師、柔道整復師に残された最後の聖域であると考えます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。