FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整骨道の叫び

以下、師匠熊坂護が語ります



ムンクの叫びが世界中に脚光を浴びています。

どうしようもない世の中、そして各自のあり方、不安感から言えば暗黒の無傷医学に対しての整骨道の叫びも同じ想いであります。

無傷医学のでたらめさ、患者を手当せず、電気湿布のみのこの素人療法にも劣る事が何十年も続いてきたのです。

すべての関節の痛みは関節のわずかなズレ(亜脱臼)である!とムンク以上に叫び続けてきましたが、この島国では一切通用せず、見向きもされませんでした。

それどころか、一番の医学免許所持者である医師たちが無傷医学に対してまったく興味をもとうとしない、恐ろしいことです。そして外傷医学に切り替え手術を行い大変な結果となるにもかかわらず、これを繰り返しておるのです。

ムンクの叫び以上の問題であると思います。

この亜脱臼整復法は世界中の人々を救う一大事なのです。

これが世にでたら本当に全ての人々が手術しないで救われるでしょう。

外傷医学は今の現代医学で十分。しかし無傷医学はいまの現代医学では手がつけられんのです。

マッサージの方々の方がよほど無傷医学に関しては医師より上です。しかし関節学が正門である以上、この医学を知る人は稀なりであります。

医師が本来この無傷医学を修得しないとならんのです。ああ!(叫び、慟哭)

師範代の為澤先生以下の門人たちが協力し、世界にこの一大事、

「すべての関節の痛みはX線、MRIにも写らないわずかなズレ、亜脱臼である」

そして正しい触診学、整復学を修得する。

それから全ての治療学が、指導原理の羅針盤がうまれてくるのです。

ムンクの叫び以上の整骨道の叫びであります。(熊坂護)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仁

Author:仁
会津古伝整体の古式の技法を追求しています。

気の世界に興味をもち、

古伝整体の「見の技術」と「亜脱臼整復技法」の修得を目指しています。

生き残れる整体師を目指して!

最新コメント

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。